水素水生活始めませんか?

水素水

水素水は今やテレビや雑誌でも多く取り上げられており、美容や健康のために愛飲されている方も多くなりつつあります。私も4年ほど前、ホットヨガ『LAVA』通っていた時に水素水サプリメントを勧められ購入して飲んだことがありますが、この数年でさらに水素水のアンチエイジング効果が絶大だということが周知されてきたように思います。

 

そんな水素水ですが、基本に戻り、どのようなものであるのかご紹介したいと思います。

 

水素水は、その名の通り水素分子が多く溶け込んでいる水のことを言います。水素水には、抗酸化作用があり、体を酸化(老化)させてしまう要因になる活性酸素を抑制することができることから美容や健康に効果があります。

 

水素水

 

少しでも長く若々しくて健康的な肌やカラダでいるためには、活性酸素をできるだけ発生させない、もしくは除去する必要があります。

 

また、水素水は様々な体質改善にも効果が期待されており、幅広い用途で購入されています。

 

最近では、ドラッグストアなどでも水素水が店頭に並ぶようになり、身近に手に入れることができるようになりました。また、大量に購入する場合や、人気のある商品はネット販売でしかしていない場合も多く、定期購入してずっと飲みつづけたいとおいう方も増えてきています。

 

それでは次に具体的に水素水がどう私たちの体に良いのかご紹介していきたいと思います。

 

水素水の効果

水素水

水素水の驚くべき効果につい医学的にも証明されています。
1993年にウルグアイのサラベリーという医師がエイズやアレルギー、糖尿病患者にメキシコのトラテスの水を飲ませたところ、『患者の80%が症状の改善』がみられたことから研究が始まったと言われています。

 

日本においては、2007年に日本医科大学の細胞生物学の教授曰く、『水素水は体の中の有害な物質である活性酸素を取り除く働きを持っており、急な病気の治療等にも使用することができるのではないか』ということを細胞実験や動物実験などにより発見したそうです。

 

そんな水素水ですが、最も注目されている効果はやはり「活性酸素除去」につきるのではないでしょうか?

 

活性酸素除去

水素水

頻繁に耳にする『活性酸素』はカラダに大きなダメージを与えているというのをご存知だと思います。活性酸素を放っておくと体にどんどん蓄積されていきます。細胞膜や細胞質、血液内に存在し続け、ダメージを与えてくるのです。

 

抗酸化作用がある成分を体の中に取り入れ活性酸素を除去したいものですが体の隅々にまで行き届けることができなければ何の意味もありません。

 

成分を体の隅々に行き届けるには小さい分子の物質である必要があります。

 

水素はとても小さな分子ですから、飲み続けることで細胞膜や細胞質、血液中の隅々にまで成分を行き渡らせることができます。

 

そして活性酸素と結合し、体の中から排出してくれるのです。

 

活性酸素が除去されることで代謝アップに繋がります。ということは・・・

ダイエット効果が期待できる

水素水

同じ食事量でも太る人と太らない人がいます。その違い何だかご存知ですよね。そう・・・代謝です。代謝というのはエネルギーの消耗といっても良いのですが、代謝が良い人はそれだけエネルギーを摂取しても余りませんので太りにくくなります。

 

活性酸素を取り除く働きがある水素水。その働きが新陳代謝を活性化させているのです。

 

女性の半数以上は悩まされているという便秘にも・・・

便秘改善にも効果あり!?

水素水

水素水で便秘が治る!ということはまだ言える段階にありませんし、もし治るのであれば下剤や漢方薬も必要なくなるでしょう。ですが水素水を定期的に飲むことで便秘が解消されたという声はたくさん聞きます。

 

便秘のおものな原因ですが、水分不足・腸のぜんどう運動の働きが悪いということが挙げられます。

 

水分を摂取する量が少ないと、体は水分の排出を抑えてしまいます。水分が不足していると、腸から水分を吸収しようと働いてしまい、結果的に腸内の水分低下で便がかたくなって排出されにくくなってしまいます。冬になると便秘になる人が増えるのもこのせいでしょう。

 

また腸のぜんどう運動が弱いと、食事で摂取した食べ物が大腸に長時間とどまってしまい、食ベ物から出る水分が腸に吸収されてしまうことで便が固くなり排出されにくくなってしまいます。

 

水素水を定期的に摂取することで、腸内の水分が増え便秘解消につながるという説や、活性酸素が除去されることで細胞が元気になり、排泄が促進されるという説などがあります。

 

水素水をどの方法で飲む?

アルミパウチ型の水素水

水素水

アルミパウチ型の水素水は、保存中でも水素が逃げない素材であるということがメリットとなります。また、柔軟に形を変えることができる薄さの容器であるため、飲んでいる途中でも内部の空気を押し出して、密閉状態に近づけることができます。飲みやすく細い口径なので、より水素が逃げにくいともいえます。その他、握力が弱くても握りやすく、外出時にも軽くて持ち運びしやすい、ゴミを小さくできるというメリットがあります。

 

水素水

逆に、アルミパウチ型の水素水のデメリットは、費用が高くなる傾向があることです。水素水を摂取することによって得られる健康や美容効果は、長期間摂取することで期待できます。高額な水素水を毎日摂取し続けることが難しくなる場合があります。また、アルミパウチ型といっても、賞味期限が3〜4か月と通常の水より短めなので、大量購入しすぎないように注意する必要があります。できるだけ作りたてのものを購入できるメーカーを選びましょう。

 

サーバー型の水素水

水素水

いつでも必要な量だけ作りたての水素水を飲めるように開発されたのが水素水サーバーであり、購入すればランニングコストを抑えられるメリットが挙げられます。また最近ではレンタルすることも可能であり、予算に合わせて継続しやすい手段がとれやすいです。そして水素水サーバーは水専門のサーバーなので、商品によってはメンテナンスやカートリッジ等の消耗品が発生しないタイプのものもあります。なので水素水の生成に対して手間や時間をかけずに日々の美容健康に努めることが可能です。

 

水素水

一方で水素水サーバーのデメリットも少なくなく、まずはこの製品によって作られた水素濃度が低いことが挙げられます。この製品で作られた水素水の濃度は約0.5ppmほどだと言われ、既製品が最大で1.6ppmと比べれば3分の1ほどの量しかありません。その為毎日継続できたとしても、効果があるのか実感するのが難しいです。濃度が高いものを購入するとすれば、その分金銭負担がかかり予算に合った選択ができるメリットがあっても入手にはある程度の費用を用意する必要があります。また水素水サーバーはそのサイズは約1mで重さは製品によっては10kgもなるものもあり、場所を取ることも短所であると言えます。なので家庭によっては部屋のスペースの関係で、設置が難しく欲しくても用意ができない恐れがあります。

 

水素水キット

水素水

水素水キットがあれば、手軽に高濃度の水素水を作り出すことができます。水素水というのは放置しておくと、どんどん水素が抜けていってしまいます。やがて普通の水になってしまい、水素のもつ抗酸化力の恩恵を受けられなくなります。水素水を活用する目的は抗酸化力によって身体のサビを防ぐことですから、水素が抜けた状態で飲んでも意味がありません。水素水キットのメリットは、飲みたいときに水素水を作れることにあります。専用ペットボトルに水素発生剤を入れるだけでよいので、誰でも簡単に水素水を作ることができます。専用ペットボトルは何度も使いまわせるので、ペットボトルやアルミパウチ入りの商品と比べてゴミを減らせるメリットもあります。

 

水素水

デメリットは作るのが面倒という点ですが、慣れればまったく苦にはなりません。難しいこともありませんので、慣れるまで頑張りましょう。

 

価格はペットボトルやパウチ入りの商品より安いくらいで、月に1万円未満の水素水キットもあります。水素は分子量が小さくて、全身の細胞に行き渡る性質がありますから、抗酸化成分としては理想的です。ビタミンやポリフェノールを超える抗酸化力があり、人体にとってまったく副作用がないのもメリットでしょう。

水素水濃度を表すppmとppbって?

水素水ではppmとppbという濃度の表示がされますが前者は100万分の1、後者は10億分の1水素が含まれていることを表していて理想的な水素濃度は0.8ppm以上といわれます。

 

ppmとppbの違い

水素水では濃度が重要になります。どの程度水素が含まれているか表示する数値としてはppmが存在し、これは100万分の1含まれるという意味です。100万分の1といわれても分かりづらいかもしれませんが、具体的な量でいうと1リットルあたり1ミリグラム含まれていることをいいます。

 

もう一つ水素水でよく使われるものとしてppbというものもあって、こちらは10億分の1含まれている事を表しています。10億分の1の濃度は1リットルあたりに0.001ミリグラム含まれていることを表していて、こちらは小さめの数値になります。

 

この2つの数値は水素が水に含まれている量を表現していますが、基準が小さいため分かりづらい所があります。また2つの数値には基準の違いがありますから、含まれている水素量を大きく見せるために利用されるケースも存在します。

 

この2つの違いを知っておくと水素水の性質を理解しやすくなるので、どの程度含まれているのか確認をすることは大事です。ただこの2つの基準はかなり違う所がありますから、どちらの基準で濃度を表現しているのかよく見たほうがいいです。特にppbは基準が小さなものですからその分数値が大きくなりやすく、その結果勘違いをしやすいので注意が必要です。

理想的な水素水濃度は?

水素水を利用している方は多くいますが、どういう濃度だと理想的なのかはあまり知られていません。この製品の理想的な水素濃度は0.8ppm以上といわれていて、これ以上の数値があれば利用しやすいです。

 

ただ最近は高い数値の水素水も増えているため、もっと高い数値のほうが良いのではと考える方もいます。たしかに高い数値のほうが多くの水素が含まれていますが、多くても十分な効果を得られるとはいえません。

 

水素を水に含ませた場合多く水素を入れるほど、水から水素は抜けやすくなる性質があります。そういう影響があるのでたくさん水素を入れた製品は、ちょっとしたことで水素が抜けていってしまいます。また沢山水素が含まれている水を飲んだとしても、ある一定量以上は呼吸などで外に出ていくことが多いです。

 

そのような性質があるので0.8ppm以上のものならば、どれを選んでもあまり変わらない所があります。この数値が理想的なのは科学的な論拠というよりは、一般的に販売されている商品の基準が元になっています。科学的な基準ではもっと低い数値でも良いことになっていたのですが、水素水の品質が向上して基準も上昇しました。

 

この基準にあっている製品は品質がよく十分に水素が含まれていると判断できるので、安心して買うことができます。水素水を選ぶときは含まれている水素の濃度について調べておくと良く、具体的な数値が書かれていない製品は選ばないほうがいいです。

水素水選び方のポイント

水素水おすすめランキング

最近その健康効果が話題になり、各社から様々な製品が登場している水素水ですが、どれを選んで良いのか分からない人が居るのも事実です。そこで、選び方で重要になるポイントを考えてみます。

  • 水素水を自分で作って飲むのか、始めから完成品を購入して飲むのか
  • 自分で作って飲む場合

    水素水を作れるスティックがセットになったキットを購入する事になります。自分で作るメリットは、毎回自分の飲みたい濃度で水素水が飲めるという点にあります。キットを選ぶポイントとしては、出来るだけ濃度の高い物を作れるキットを選ぶ事が重要になって来ます。

    完成品を購入して場合

    一般的に時間とともに水素濃度が下がっていくので、常に同じ濃度の水素水を飲むのは難しく、毎日最高の濃度で飲みたいという人は自分で作る方が良いでしょう。アルミパウチ容器に密閉された状態で届く、完成品を購入して飲む場合は賞味期限が近づくにつれて、濃度が低下するという欠点はあるものの、アルミパウチ容器であれば持ち運びにも便利というメリットがあります。とりあえず、水素水を手軽に試してみたいという人は完成品を購入して飲むと良いでしょう。アルミパウチ容器に入った物を買う場合は、定期購入をするのが長い目で見たらお買い得でしょう。相場としては、概ね1万円前後で、多くの場合10本近くがセットになったお試しセットや割引などがあるので、それを使っておいしさや飲みやすさ、水素濃度、賞味期限などを総合的に検討してから選ぶと良いでしょう。

     

    購入して飲む場合は、自分の用途に合った水素水を選びましょう。例えば、美容目的なら美容ミネラルシリカなどの成分が配合された物、ダイエット目的なら水素の濃度が高い物といった具合に選ぶと良いでしょう。

     

    自分で作って飲むにせよ、購入して飲むにせよどちらの場合でも重要になるポイントは水素の濃度です。基本的には、水素水は水素の濃度が高ければ高いほど、その効果を発揮しやすいと言えます。目安となる濃度は、最低でも1.0ppm程度、1.6ppmを超えれば高濃度となり、理想的な濃度です。

     

    製造時の水素の濃度が高ければ高いほど、短時間で水素を効率良く摂取出来るだけではなく、製造されてから自分が飲むまでの濃度の持ちが良いなどのメリットがあります。

  • 出来上がった製品を届けてもらう形で飲む場合は、その容器にも気を使いましょう。
  • 普通の水などが入っているペットボトルは、水素が抜けやすくなり最短で3日もすれば、濃度はほぼゼロになります。ペットボトルよりも、濃度の落ちがはるかに少ないのがアルミパウチの容器です。

     

    このようにアルミパウチで密閉している製品は水素が逃げにくく、日にちが経ってもある程度の水素濃度を維持してくれます。しかし、いくら密閉性が高いアルミパウチでも賞味期限を過ぎる頃になると濃度がかなり下がってしまうので注意が必要です。

  • 容量について
  • 500ml程度の物を選べばほとんど問題無いでしょうが、女性やお年寄りの方は多すぎて飲めない場合もあるので、そうした場合はおおよそコップ1杯程度の250mlや300mlの小容量のタイプを選ぶと良いでしょう。

  • 類似品にも注意が必要
  • 昨今の水素ブームに乗って、マイナス水素イオンやプラズマ水素といった本来の水素水とは似て非なるものを販売しているメーカーもあります。それ自体には問題はありませんが、ペットボトルで販売されているので、消費者の手に渡って飲む頃にはただの水になっています。ミネラルウォーター感覚で飲むのであれば問題ありませんが、健康やダイエット目的で飲むのであれば、研究が進んで開発された分子水素(H2)が解けた水を選びましょう。

  • サーバーはメンテナンスが必要
  • 最近よく見かけるウォーターサーバーで、水素水が作れる水素サーバーもあります。これは、作りたての水素入りの水には違いありませんが、この水には電極となる金属棒が直接触れており、金属イオンが多く含まれている他、サーバーのメンテナンスが不十分だと雑菌が混入してしまう可能性があります。ましてや、水素水は雑菌が入りやすい性質があるので、サーバーのメンテナンスはまめに行う必要があります。いくら身体に良いと言っても、雑菌入りの水を飲んでいては本末転倒です。

  • 飲みやすさも重要
  • 水素水が身体に良いとは言っても、流石に毎日飲み続けるのは結構しんどい物です。やはり、どうせ飲むのであれば、飲んでおいしいに越したことはありません。健康効果やダイエット効果といった部分はおいしい、不味いには直接関係しないので、自分で一度飲んでみて、おいしくて飲み続けやすいと思った物を選ぶと良いでしょう。

     

    水素水はどれも同じではありませんから、自分の使用用途や目的に合わせて選ぶのが大事です。どうしても、1つに絞れずに決めかねるのであれば、口コミやファンが多いメーカーの製品を買うのも1つの手ではあります。


http://www.juhakorhonen.com/http://www.fantasywallpapers.info/http://www.enamoradas.info/http://www.junglesafaristanzania.com/http://www.pressedpetalsinn.com/http://www.fkihdaoud.com/http://www.merrick-deli.com/http://www.ladrilloestudio.com/http://www.iclypso.com/http://www.rifii.com/http://www.inthemine.info/http://www.labicidirosalina.com/http://www.cancercommunity.info/http://www.1000links.net/http://www.fichier-emailing.com/http://www.preferred-online-gambling.com/http://www.belmontdentalgroupblog.com/http://www.erzincanzirve.com/http://www.thefatlosscenteronline.com/http://www.christofcargnelli.com/