うつ病に水素水が効果的な理由

水素水

水素水はアンチエイジングに良いと言われているのは今はもう有名な話ですが、実はうつ病や睡眠障害にも効くということを知っていましたか?水素水にはなぜそのような効果があるのかという話をします。

 

うつ病に対する効果としては大きく分けて2つあります
利尿作用

水素水には抗酸化作用があるというのは有名な話ですが、この抗酸化作用とは体の中の悪玉活性酸素を除去することです。水素が体の中の酸素と結合することで水としてどんどん排出されていきます。

 

これによって脳内でリラックス効果を感じられるセロトニンやドーパミンなどの成分が分泌されるようになり、気持ちが楽になります。

 

うつの患者さんではセロトニンやドーパミンの分泌が低下しているために気持ちが暗くなったり落ち込んだりしています。

 

交感神経と副交感神経のバランスを調整する作用

この2つの神経は自分でコントロールすることはできず、交感神経が優位の場合は興奮状態になっており、主に活動時に優位になります。副交感神経が優位の場合はリラックス気分を得ることができ、食事や睡眠をとっているときに優位になります。

 

しかし、うつや睡眠障害の患者さんではこの神経の働きが正常に働かず、不安になったり眠れなくなったりしてしまいます。水素水には副交感神経を優位にする働きがあり、これは抗うつ剤と同じような働きをしていると言えます。

 

近年ではほとんどの種類の抗うつ剤を試し、またいろいろな治療法や食事療法をしても症状が改善しない難うつ病の患者さんが増えています。

 

また、従来からのうつだけでなく新型うつ病という新しい種類のうつ病も登場してきています。

 

水素水はこのどちらの種類にも効くと言われており、これからの治療法の新たな選択肢となることができるでしょう。

 

飲み方

 

1日に何回かストレスを感じた時や運動をした後など、活性酸素が生じたタイミングで飲むのが良いと言われています。

 

また、1日に1回しか飲めない場合には活性酸素が産生される前の朝に飲むのがいいでしょう。正しい飲み方を知り、アンチエイジングだけでなくリラックス気分も味わいながら水素水生活を楽しみましょう。