むくみの原因とは

水素水おすすめランキング

人間の体は、約6割が水分で出来ています。

 

その水分が細胞の内側と外側に分かれて体内には存在していて、人間の体にとって大切な役割を果たしてくれています。むくみとは、その水分のバランスが崩れている状態をさします。

 

血管内に存在すべきものが血管外に漏れてしまうことで水分のバランスが崩れることによって起きてきます。

 

  • 全身性のもの
  • 足など体の一部分にだけ

症状が現れる場合とがあります。

 

全身性の場合・・・心臓や腎臓、肝臓といった内科的な病気が原因として疑われます。
局所的に現れる場合・・・静脈やリンパ管の閉塞や炎症といったものが疑われます。

 

多くの場合、原因には生活習慣が関係しています。

 

足のむくみなどの場合には、同じ姿勢を長時間続けるといったことが原因となり、体のなかの水分が足に集まることにより起きてきます。

 

足の筋肉が落ちてくるとポンプ機能が低下し、症状が出やすくなります。対策としては、適度な運動をして筋肉を鍛えたり、同じ姿勢を長時間続けたままにしないといったことが対策となります。

 

過労や睡眠不足といった生活習慣の乱れも原因となりますし、塩分の摂りすぎといったことも原因になります。利尿作用のある食品を摂ったり、血行を促すといったことも、むくみを改善するためには有効な方法です。

 

水素水にはむくみ解消のポイントである利尿作用と血行促進作用がある

むくんでしまう理由には、水分を摂りすぎたり、塩分を摂りすぎたり、ストレスや疲労などによって腎臓の機能が低下して水分の排出がスムーズに行われていなかったりなど様々なものがあります。

 

余計な水分や老廃物が体内にとどまっている状態ですから、あまりよいことではありません。そんなときに利用するとよいのが水素水です。

 

その理由は、水素水には利尿作用と血行促進作用があるからです。

 

水分が体内に溢れているなら水分は要らない、などと考えてはいけません。

 

水分といっても滞ってしまっている老廃物を含んだ古い水ですから、排出させることを考えましょう。水分を控えると血液がドロドロになってしまうため、かえってよくありません。水素水なら利尿作用や血行促進作用がありますので、スムーズな水分の入れ替えをサポートし、むくみを解消していくことができます。

 

水素水には水素が含まれています。

 

分子構造が細かいため、体の隅々にまで行き渡り、血行を促してくれます。

 

利尿作用もありますので、古くなった水分の排出をサポートしてくれます。

 

カフェインなどにも利尿作用はありますが、眠りを妨げるなど副作用の心配があります。

 

水素水の場合には副作用の心配がありません。また、取り過ぎたとしても水素の分子は細かく、体から自然に出て行ってしまいます。そのためむくみの解消に役立ちます。

水素水でむくみ解消するための効果的な飲み方

むくみを解消するためには、水1.5リットル程度を目安にし、数回に分けて少量ずつ飲むということがあげられます。

 

全て水素水を利用できるとよいのですが、費用の問題などもあります。

 

水素水でむくみを解消するためには、一日の量にこだわるよりも継続するほうが重要です。

 

すべて水素水にする予算がないときには、一日200mlから500mlを目安にしましょう。

 

冷たいものは体を冷やしてしまいますので、なるべく常温で飲むようにしましょう。

 

飲むタイミングとしては、就寝前を避けたほうが賢明です。全ての水分を水素水に換えられるなら良いですが、そうでない場合には体内を水分が巡りやすいタイミングで飲んだほうが効果的です。

 

トイレに行きやすいタイミングで飲むというのもおすすめです。

 

効果的なタイミングとしては、起床直後があげられます。

 

朝の一杯はデトックスの効果を高めてくれるからです。

 

また、体が温まり老廃物の排出がスムーズになる、入浴前や入浴後も効果的です。運動前や運動後といったタイミングも効果が期待できます。

 

水分はこまめに分けて摂るのが効果的ですが、水素は分子が細かく、逃げやすくなっています。開封後は速やかに飲み切ることをおすすめします。パウチのものなどを利用するときには、一回で飲み切れる量のものを選びましょう。

 

>>水素水おすすめランキングはこちら