水素水がアトピー性皮膚炎の症状緩和に良いことは明らかになりつつあります

水素水

最近の研究では、アトピー性皮膚炎の症状緩和に水素水が有効であることが明らかになりつつあります。

 

アトピー性皮膚炎の患者に対して、水素水を服用または患部に塗布することで皮膚の炎症の改善効果が現れたという報告があります。

 

海外の研究グループによると、マウスなどの動物実験でも同様の結果が得られたことが報告されています。

 

現在は一部の皮膚科クリニックでアトピー性皮膚炎の治療として実際に水素水が利用されているのです。

 

アトピー性皮膚炎とは本来であれば細菌やウィルスなどの外敵を攻撃するべき免疫細胞が、自分の体の組織を攻撃することで生じる自己免疫疾患です。

 

外敵と戦うはずの免疫が、間違って自分の体の細胞を攻撃する理由についてこれまで謎でした。

 

ところが最近の研究で、この理由が明らかになっています。体の中に発生する活性酸素などの酸化物質が正常な組織を酸化・変性させてしまい、免疫細胞が異物と判断して自身の体の組織を攻撃して炎症が起こるというものです。

 

免疫細胞が外敵を攻撃する際に武器として活性酸素を放出され、更に正常な組織が傷つけられて悪循環に陥って全身の皮膚に炎症が拡がることになります。酸化物質(活性酸素)が皮膚炎の原因であれば、原因物質である活性酸素を何らかの方法で除去すれば炎症の症状が緩和されることが考えられます。

 

活性酸素を除去するためには還元性の高い物質を摂取する必要があり、その代表としてビタミンCが知られていますが、ビタミンを過剰摂取すると副作用が生じてしまいます。副作用が全くない還元物質には水素があります。

 

水素を過剰に摂取しても体は何の害も受けませんし、ビタミンよりも分子が小さいので強い浸透力があります。

 

水素水を摂取することで体の酸化物質を除去され、正常な細胞が傷つけられなくなって皮膚炎の症状が緩和されるという説が有力視されています。

 

これ以外にも水素水によって皮膚炎の症状が改善される理由として別の説があります。活性酸素を除去することによって、免疫細胞が本来の働きを取り戻すことで自身の体を誤って攻撃しなくなるというメカニズムも考えられています。

 

いずれの理由にせよ、水素水を飲むか患部に塗布することで水素を摂取して酸化物質を除去することでアトピー性皮膚炎の症状緩和効果を期待できる可能性が高いのです。