水素水がメタボにどういいのか

水素水

 

三大死因の心臓病、脳卒中は動脈硬化が原因のためメタボリック症候群を改善すると、そのリスクが回避できます。そのため日々の食生活、生活習慣、運動などもとても大切ですが、水素水を飲用することでさらに大きな効果が期待できます。

 

水素水とは、宇宙で一番小さな水素分子が豊富に溶け込んでいる水のことです。その特徴は活性酸素や過酸化脂質を除去して、エネルギー代謝を上げて内臓脂肪の蓄積を防ぐことができます。

 

血中の中性脂肪、遊離脂肪酸、グルコース濃度を低下させる肝ホルモンを活性化させるため、メタボリック症候群の改善に大きな効果があります。

 

最近ではメタボリック症候群の原因に、酸化ストレスとそれによっておこる脂肪細胞の炎症いうことが確認されています。ここでも炎症を改善することで内臓脂肪を減少させて、健康的な身体にしていきます。

 

さらに水素水のもつ強力な抗酸化作用は、病気や老化の約90%の原因になる活性酸素を除去することです。細胞がさびることで脳細胞にも影響して、脳卒中、脳梗塞をおこしたりあらゆる不具合を生じます。

 

水素水は一番小さな分子のため細胞の奥の奥まで入り込むことで、身体の隅々までいきわたりより大きな効果が期待できます。まったく副作用がなく通常の抗酸化物質の何百倍もの還元力は、魅力的です。

 

メタボリック症候群は体内でインスリンが分泌されてもインスリンが効かなくなるインスリン抵抗性をひきおこしてしまいます。

 

インスリンとは膵臓から分泌されるホルモンで、ブドウ糖をエネルギーにかえる大切な成分です。

 

インスリンが正常に働かなくなると、血液中のブドウ糖を筋肉や肝臓が取りこめなくなって、高血糖、高血圧、糖尿病になってしまいます。

 

すごいのは、水素水にはインスリンを正常に働かせる作用があることです。インスリン抵抗性が改善されれば、生活習慣病の予防になり、恐ろしい病気のリスクが低下していきます。

 

こんなに素晴らしい水素水を飲用することで安心ですが、日々の生活の見直しも大切です。食事、睡眠、喫煙、飲酒、運動はより効率よく水素の力を生かすことができます。メタボリック症候群とはかけ離れた健康的な身体が、ずーっと維持していけます。