二日酔いに水素水が良いと言われる根拠

水素水

人はお酒を飲むと血行が良くなり、体温が高まり興奮して良い気分になります。しかし、良い気分になってついつい飲む量を間違えてしまうと頭痛や吐き気など二日酔いの症状が現れます。

 

このような二日酔いを引き起こす原因は主に2つあります。

 

一つは体内の水分不足です。

 

アルコールは分解する時に大量の水分を必要とします。

 

そのため飲みすぎると体内の水分の多くがその分解に使われ、水分不足となり体調不良を引き起こすのです。

 

そしてもう一つの原因はアルコールの毒が回ったことによる体調不良です。

 

これは体内でアルコール分解が間に合わず、身体中に毒が回ってしまうからです。

 

本来、アルコールを摂取すると肝臓で分解されますが、その機能が十分に行われないとアセトアルデヒドが発生し、それが体内に回ってしまいます。

 

するとそのアセトアルデヒドは体内の細胞に働きかけ、活性酸素を発生させます。

 

活性酸素とは細胞が生きている限り発生するものです。

 

無害なものもありますが、細胞を酸化させることにより機能を低下させるものもあります。

 

そのため、この活性酸素は老化や生活習慣病を引き起こす要因とも考えられています。

 

つまり、飲みすぎることにより体内に必要以上の活性酸素が生じてしまうため、内臓機能などが低下し、二日酔いの症状を引き起こすのです。

 

このような状態を改善する効果があるのが水素水です。

 

なぜ水素水にそのような効果があるのかというと、活性水素が含まれているからです。

 

活性水素は体内に吸収されると、活性酸素と反応します。

 

還元、無毒化し、体外への排出を促すことができるので、身体中の余分な活性酸素を除去することができるのです。

 

このようなことから水素水には二日酔いの症状を改善する効果があります。

 

また、お酒を飲む前にあらかじめ水素水を飲んでおくことで、二日酔いを予防したり症状を軽くすることもできます。

 

飲み過ぎないように注意するのが良いのですが、ついつい飲み過ぎてしまい、ひどい症状になってしまった時などには水素水を飲むことをおすすめします。

 

水分不足を補いながら活性水素により体調不良の原因である活性酸素を除去することができるので、症状を改善することができます。