水素水でミトコンドリアが元気になり、代謝アップにつながる

水素水

年齢とともに脂肪が付きやすくなり、皮下脂肪の他にも内臓脂肪が溜まりやすくなります。内臓脂肪は内臓の周りに脂肪が付き、動脈硬化や糖尿病・脂質異常症などの生活習慣病を引き起こすことにつながります。内臓脂肪は代謝が落ちることによって皮下脂肪よりも溜まりやすいといった特徴がありますが、食事制限や運動によって減らしやすいといった特徴があります。

 

さらに代謝アップによってより早く内臓脂肪を減らすことが出来ます。

 

水素水には運動を行わなくても代謝を上げる効果があります。

 

人間のほぼ全ての細胞に含まれている小細胞器官のミトコンドリアはエネルギーの代謝に必要不可欠な器官で、ミトコンドリアが活性化することによって代謝アップにつながります。

 

ミトコンドリアは食事から得た脂肪や糖を酵素を用いて分解し、エネルギーの源になるアデノシン三リン酸を作り出します。このミトコンドリアの働きによって食べたものがもとになり、活動するために必要なエネルギーを作り出すことが出来ます。

 

しかし、ミトコンドリアはストレスや運動不足や不規則な食生活によって機能が低下してしまいます。ストレス社会に生きる現代人はどうしてもミトコンドリアの機能が低下し、代謝が悪くなってしまう傾向にあります。

 

水素水にはミトコンドリアを元気にする水素がたっぷりと含まれているので、代謝アップにつながると言われています。

 

またミトコンドリアは脂肪や糖をエネルギーに変えるときに、人の老化の原因であると言われる活性酸素を生み出してしまいます。

 

活性酸素は代謝だけでなく肌の老化にもつながるので、なるべく発生させたくないものです。しかし生きるためにはエネルギーは必要不可欠であり、食べたものを代謝しないと太っていく一方です。

 

水素水にはその問題である活性酸素を還元させ除去する効果があるので、ミトコンドリアの機能が上がって活性酸素が発生しても問題ありません。

 

さらにミトコンドリアは機能低い状態でエネルギー代謝をさせるときよりも、十分に元気な状態で代謝する時のほうが活性酸素の発生量は抑えることが出来ます。水素水を摂取することによって代謝アップの他にも、アンチエイジングのような様々な効果が期待できます。