水素水を飲むことで血がさらさらに!?体の水分代謝にも役立つ水素水

水素水おすすめ

水素水の働きは水の中に含まれている水素によるものです。

 

水素水を飲むことで体内に入った水素は血液中の活性酸素を除去する高い抗酸化作用を発揮します。

 

活性酸素は老化や病気の原因になるとも言われているもので、これらを除去することで健康や美容に大きな効果をもたらしてくれるのです。

 

活性酸素は細胞の中に存在しているミトコンドリアの働きを活性化させる働きがあるのですが、ミトコンドリアの働きは食べ物から摂取した糖質をエネルギーに変える働きがあります。

 

しかしミトコンドリアは活性酸素に弱いため、活性酸素が多い状態だと糖質をエネルギーに変える働きが低下してしまい体の中に余分なエネルギーが残ってしまうので血液中にコレステロールや脂肪として溜りやすくなってしまうのです。

 

水素水を摂取するとミトコンドリアの働きを活発にするので余分なエネルギーが体の中に残ることがなくなるので血液中にいつまでもコレステロールや脂肪が残ってしまうということがありません。

 

コレステロールや脂肪は活性酸素の影響を受けて血管の内側にこびりついて血流を悪くしてしまう働きがありますが、水素水の血液中の脂肪を取り除く働きで血液がさらさらになると血行が改善してくるので末梢神経にまで血液が行き届きやすくなり、冷え性が改善されていくと考えられています。

 

また水素水は水で、活性酸素と反応した水素も最終的には水となって体外へ排出されていくため体内の水分量が増えることとなり新陳代謝の促進をすることも冷え性を改善する働きがあると考えられています。

 

ここで気を付けたいのが飲み方です。

 

いくら身体に良いからと言って冷たいものをたくさん飲んでしまっては体を冷やしてしまいます。

 

では温めればいいのかと言えば水の温度が上がれば溶け込んでいる水素が逃げ出してしまって水素水ではなくなってしまうと言われています。

 

そのため常温程度で飲むようにすることが重要です。

 

冬場で常温では冷たいという場合には70度を超えると水素が抜けて行ってしまうので、ぬるめの40度前後ならば温めても問題がないと言われています。

 

沸騰させないように軽く温めた状態で飲むことで冷たいものを飲むことによる冷えを避けながら冷え性を改善する効果が期待できます。