妊活に水素水が良いと言われる根拠をご紹介

水素水おすすめランキング

 

結婚、出産の平均年齢が上がってくる中、ある一定の年齢水準を超えると卵子の老化により妊娠する確率が格段に下がります。卵子が老化してしまうといくら不妊治療をしてもなかなか子どもを授かることができなかったりします。

 

そんな不妊でお悩みの方は、妊活に水素水が良いと聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

その根拠についてこちらのページでご紹介していきたいと思います。

不妊症の原因とされていること

ちなみに、不妊症の原因とされていることはいくつかあります。

 

  • 卵巣機能不全
  • 子宮内膜症
  • 無精子症
  • 性交障害
  • 内分泌ホルモン異常
  • 子宮筋腫
  • 子宮奇形
  • 子宮発育不全
  • 精路閉鎖
  • 子宮着床障害

 

女性の不妊の中でも多いのが排卵障害です。

 

卵巣機能の低下によって無月経や無排卵といった症状が起こりやすいのです。こうなってしまうと自力で排卵することが難しく、生理にならないといったことが起きます。若年性の卵巣機能低下症になっているとこういった症状が起きてしまうことがあります。

 

また授乳期以外にプロラクチンの値が高い時には無排卵、生理不順、流産などの原因となってしまうことがあります。プロラクチンというのは授乳と深い関わりのあるホルモンで、授乳期には妊娠しにくいように排卵抑制をするという役目をしています。

 

強いストレスや不安、不眠などはこのプロラクチンが過剰分泌される原因となるといわれていますので、リラックスできるような環境作りをすることも大切です。

 

また女性の10%前後にみられるのが多のう胞性卵巣症候群です。これは卵巣の表皮が硬過ぎるために卵子が外へ出られない状態になっている症状です。この場合は薬物療法を行ないます。

水素水がどうして不妊に良いのか

水素水が不妊に効果的といわれている理由は、水素が持つ活性酸素を除去するという効果が卵子の老化を防ぎ、生理不順なども改善して妊娠しやすい体へと根本的に変えるということが期待できるからです。

 

加齢と共に活性酸素は体内に蓄積されていきますから、卵子が老化していくのも当然です。しかし水素水の抗酸化作用は強力なので、毎日飲むことによって体内の活性酸素をどんどん排出し、体内の老化を防止・改善します。

 

つまり水素水を飲むことで、卵子や精子の質を高めることができるのです。

 

>>水素水おすすめランキングはこちら

 

卵子の老化防止に良いと推奨されているのが、水素水を飲むことだけではなく、水素のお風呂に入ることです。

 

水素の分子は非常に細かいため、分厚い子宮の壁の中にまで入り込むことができるといわれており、細胞の奥深くまで入り込んで老化を防止することが期待できるとされています。

 

水素風呂は入浴することによって肌から水素が浸透していくので、口から飲むよりも早く水素を細胞に届かせることができるといわれています。他の抗酸化物質が入り込むことができないような場所にまで、水素が入りこむことが期待されます。

 

不妊だったが水素水を飲み始めて授かることができたという体験談事例

不妊だといわれていたけれど、実際に妊活中に水素水を飲むことによって妊娠することができたという体験談もいくつもあります。

 

結婚して3年たっても妊娠することができず、検査をしてもらったら女性不妊であることがわかりました。そこで妊活中に飲むと良いと知った水素水を飲むようになりました。飲み始めてしばらくすると汗をかきやすくなり、代謝が上がった気がしました。そしてとうとう4ヶ月後に妊娠することができたのです。

不妊のため、ウォーキングなど軽い運動と共に、妊活中に取り入れた水素水を飲む習慣によって、まず冷え性が改善されました。いつもは冷えている足先が温かく、驚きました。効果があるのかもしれないと思い、毎日飲み続けた結果、半年ほどで妊娠することができました。

高齢でただでさえ妊娠しにくい状態でしたので、水素水の効果を聞いて飲むようにしました。飲むようになってからは朝の目覚めが良く、疲れにくくなりました。またあれほどひどかったストレスも緩和された気がしました。妊娠することができたのは水素水を飲むようになって半年と少したった頃でした。40手前でしたが、元気な子供を産むことができました。