水素水は歯を守る効果も持っています

水素水の効果で歯の健康維持と改善ができます

 

水素水は体の様々な病気に対して予防効果がありますが、歯に対する効果がどうなんだろう?と気になりました。

 

そこで調査を行うと水素水が歯周病に対して予防と改善の効果が有る事が分かりました。しかも科学的に証明されているのです。

 

今回は歯周病と水素水の関係について解説していきます。

 

歯周病の改善を行いたい場合、予防したい場合にも水素水が有効ですので、以下にて詳細をご覧ください。

 

 

歯周病の詳細

歯周病の詳細について

 

歯周病は歯肉や歯槽骨の周囲にある歯周組織が歯周病菌の発する毒素によって破壊され、歯の位置が保てなくなる病気です。

 

初期の段階で発見すれば治す事も出来るのですが、症状が進行して酷くなると最終的に歯が抜け落ちてしまいます。

 

また、2001年には世界で最も羅患者の多い病気としてギネス記録にも認定されています。

 

ちなみに日本人の場合、80歳の時点で残っている歯の数の平均は10本程度しかありません。世界と比較してみると、アメリカは15本でスウェーデンは20本もあります。

 

さらに歯周病が全身へ影響を与える事も判明しており、歯周病が原因で命に係わる疾患も合併症として起こる事も報告されているのです。

 

歯周病は成人全体の約8割が罹患しており、4人中3人は歯周病を持っていると考えられます。歯周病に気付かずに過ごす人も多く、進行してから始めて歯周病だと認識する人もいるのが現状です。

 

また抜歯を行う人の全体の約4割が歯周病を原因であり、多くの人が歯周病によって大切な歯を失っています。

 

歯周病の原因となる病原菌は約5種類しかありませんが、口内の歯と歯茎の間には約800種類も細菌が存在しており、これらの細菌は歯垢(プラーク)の中に住みついています。

 

日頃の歯垢ケアをきちんと行っていなければ歯垢はすぐに増えてしまいます。時間が経過すると歯垢は歯石となり最近の温床となるのです。

 

歯周病を放っておくと歯が無くなるだけではなく、命にも関わる病気を起こす可能性があると理解しておいてください。

 

歯周病チェック項目

歯周病でチェックすべき項目はコレ

 

歯周病の症状のチェックリストをまとめましたので以下で確認してください。

  • 歯茎がムズムズする
  • 歯が浮いた感覚がする
  • 冷たい物が染みる
  • 歯を磨くと血が出る
  • 朝起きた時に口内がネバネバする
  • 口臭がする
  • 歯と歯の間に物が詰まりやすい
  • 歯がグラグラする
  • 煙草を吸っている
  • 糖尿病を患っている

これらの中で幾つ該当するかで歯周病の可能性があるかの目安となります。

 

1つも該当しない場合は歯の健康維持を心がけ、定期健診を受けるようにしてください。

 

2個以上該当する場合、歯周病の可能性が疑われるので歯磨きの方法を見直しましょう。

 

3個以上該当する場合、初期から中期の歯周病が進行している可能性があるので早めに歯科医に相談してください。

 

また、煙草を吸う人は末端血液循環への血流が悪化し、歯周病特有の炎症症状である腫れが出にくくなり分からなくなりやすいです。

 

さらに1日10本以上の喫煙を行っている場合、歯周病率は5.4倍になり重症化しやすくなる原因なので気を付けてください。

 

そして糖尿病を患っている場合は歯周病を発症しやすい傾向があり、具体的な治療をしないと内服薬だけでは血糖値のコントロールが難しい状態になっています。

 

これらの項目をチェックしてみて、自身の該当する内容をご確認ください。

 

歯周病の進行度合い

歯周病の進行度合いの違い

 

歯周病が起きる原因は歯垢(プラーク)によるものです。

 

歯垢は食べかすと思われがちですが、実は細菌なんです。細菌は食べ物や飲み物に含まれる糖分を餌にして増殖する性質を持っています。

 

歯垢が歯と歯肉の間に定着することによって食べかすを餌にして増殖して歯が削られる事によって歯周病が引き起こされます。

 

これは歯周病菌が歯茎の炎症を起こす原因となり、体が歯茎を守るための防衛機能として骨を削る命令を出してしまう事で歯茎に隙間が出来ていくのです。

 

さらに隙間に歯垢が溜まり続けて歯石に変わり、石灰分が新たに付着してどんどん歯石は大きくなります。歯石の中には細菌が無数に存在するので歯周病のさらなる悪化に繋がります。

 

歯周病の進行度合いは主に5段階あると考えられています。段階が進むにつれて症状も酷くなり、歯の状態も悪化します。

  1. 健康な歯の状態
  2. 歯肉炎
  3. 初期歯周病
  4. 中等度歯周病
  5. 重度歯周病

 

この5段階なのですが、1の「健康な歯の状態」は異状が全くない状態です。

 

歯と歯肉の間の溝の深さは1〜2ミリ程度で歯肉の色は薄いピンクとなり、出血は見られません。

 

定期的な歯科検視を受け、このままの状態を維持していってください。

 

2の「歯肉炎」ですが、溝に溜まった歯垢の細菌と白血球がぶつかり合い、歯肉に炎症が起きている状態になっています。

 

歯磨き時に出血しやすくなっていますが、丁寧に磨き続ける事で改善できるので早期の対策を行ってください。

 

3の「初期歯周病」の見た目は歯肉炎と変わらない状態でに見えますが、腫れが大きくなって骨も溶け始めています。

 

歯垢の中の細菌が出す毒素に白血球が負けて起こる状態であり、溝はさらに深くなって歯周ポケットと呼ばれ歯を支える骨の破壊が始まっていきます。

 

4の「中等度歯周病」は骨が溶けて歯がグラグラと動くようになってくる状態で症状がかなり進行しています。

 

歯肉が赤く腫れ上がり、口臭・出血・不快感が出てきます。また歯周ポケットの形成がほぼ出来上がり、炎症による出血・化膿が起きています。

 

5の「重度歯周病」ですが、歯肉が化膿し歯根も歯石でおおわれている状態で、既に歯を支えるのも困難で抜け落ちる寸前です。

 

歯と歯肉の間の歯周ポケットの深さは10ミリ以上になっており、歯を支える骨が完全に破壊されて噛む事が出来なくなり、最後は歯が抜け落ちてしまいます。

 

この5段階の進行度合いの2以降に当てはまる状態であれば、早急に歯科医に相談するようにしてください。

 

歯周病と合併症

歯周病によって起こる合併症

 

歯周病の患者は他の病気になりやすいという報告がされています。

 

それは歯周病菌が体の与える影響が歯だけではないからなのです。以下の症状が合併症として起こりやすくなります。

  • 糖尿病
  • 脳梗塞
  • 心筋梗塞
  • 動脈硬化
  • 誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)
  • 早期低体重児出産
  • 脳血管性認知症

これらの合併症が歯周病によって起こされる可能性があります。

 

糖尿病は特に気を付けねばならない症状です。歯周病は腎症・網膜症・神経障害・大血管障害・小血管障害に次ぐ6番目の合併症とも言われているので、糖尿病と歯周病は互いに影響しあいます。

 

脳梗塞や心筋梗塞の血管系の疾患は、頸動脈や心臓から流れてきたプラークが血管の中に詰まり、歯周病ではない人と比べて発症率は3倍も高くなります。

 

動脈硬化も同様に、歯周病菌が血液の中に進入し、血管壁に付着してアテローム(粉瘤)を作る原因となっています。アテロームで血管が詰まって動脈硬化になるやすくなります。

 

※アテロームは角質や皮脂が溜まってお粥のような状態になっている物です。悪臭を放ち、体の至る所に発生します。

 

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)の場合、歯周病菌が気管に進入して肺に炎症を起こしている状態であり、回復には抗菌薬を用いた治療が必要となります。

 

また妊娠中の女性は歯周病はぜったに予防しなくてはなりません。歯周病の影響で早期低体重児出産が起きやすくなり、歯周病がある人は無い人と比べて早産の危険性が約7倍に上がってしまいます。

 

早産は赤ちゃんの命にも関わるので、妊娠の計画がある場合は歯周病の改善を行ってからにするのが良いです。

 

脳血管性認知症はアルツハイマーに次いで多い認知症の1つです。歯周病が起こる事で免疫機能である炎症物質サイトカインが血液に混ざって脳に運ばれてしまいます。

 

本来血液に混ざってはいけないサイトカインが混ざる事によって脳に影響を与えてしまい、脳血管性認知症が起こってしまうのです。

 

糖尿病に要注意

歯周病と糖尿病に要注意すべき理由

 

歯周病で起こる合併症で特に注意すべきは糖尿病です。

 

歯周病と糖尿病は互いに深い関係があり、悪影響を与え合う事も判明しています。さらに「歯周病は糖尿病の合併症」とも言われるほど関係性は高いのです。

 

そして糖尿病の人は体の免疫力が低下しているため、歯ぐきの炎症が起きやすくなっています。この事により糖尿病が歯周病を起こしやすい関係となっています。

 

歯周病が進行すると同時に、炎症によって出てくる物質(TNF-α)がインスリンの血糖値をコントロールする機能を妨げ、糖尿病の状態を悪化させていきます。

 

※TNF-αは腫瘍壊死因子と呼ばれ、サイトカインの1種です。

 

ですが歯周病の改善によってTNF-αが減り、糖尿病の改善が進む事が分かっています。

 

糖尿病を持っている人は改善こそが歯周病の予防に繋がるので、互いの症状を改善させるためにも優先して治療を行うようにしてください。

 

歯周病の予防方法

歯周病の予防方法は簡単です

 

歯周病を予防するには日常生活の習慣を意識する事で行えます。

 

まず1つ目は歯磨きを欠かさない事です。食後に歯磨きを欠かさず行う事で食べかすや歯垢を取り除けます。

 

また自分の歯に合った歯ブラシの使用をおすすめします。そして月1で歯ブラシは新品に買い替えるのが良いです。

 

次の2つ目は歯間清掃用具を併用する事です。デンタルフロスや歯間ブラシを使用し、歯の隅々まで歯垢を取る事が欠かせません。

 

歯ブラシでは届かない場所にも届くので、歯磨き後に行うのが良いでしょう。

 

3つ目は定期的に歯科医で検診を受けてチェックする事です。3か月おきのタイミングで歯の状態をチェックするのがおすすめです。

 

そこで歯に何らかの異常が見つかる事もありますし、早めの発見で早期治療も行えるようになります。

 

これらの事を意識して行う事で歯周病の予防を行う事が出来るので、今日からすぐ始められます。

 

水素水による歯周病の予防

水素水の摂取が歯周病予防に効果あり

 

水素水はこれまでの研究で動脈硬化や病気の原因に対する活性酸素を減らす効果が有る事が分かっています。

 

歯周病に対する予防効果も科学的な実験によって証明されており、水素水の摂取によって歯周病の予防と改善が行えます。

 

水素水の歯周病に対する効果は岡山大大学院の歯薬学総合研究所の森田学教授のチームがネズミによる実験を行った事で証明されています。

 

更にこの結果はヨーロッパの学会誌にも掲載され、今後の水素水の更なる可能性が注目されています。

 

水素は抗酸化物質の一つで、全身に対して抗酸化作用を発揮します。以下に研究の内容を紹介します。

 

水素水の動物実験

水素水を使用した動物の歯周病実験

 

森田学教授のチームが行った動物実験の内容です。

 

使用する水素水は1リットル中に800〜1000μgの水素を含んでいる物を使用しています。

 

そしてネズミを28匹用意し、4つのグループに分類して経過観察を行います。

  1. 正常群
  2. 正常群で水素水を摂取
  3. 歯周病群
  4. 歯周病群で水素水を摂取

この4グループを1ヶ月観察し、歯や歯茎の状態を4グループで比較を行いました。

 

その結果、1と2のグループでは大きな違いが見られませんでしたが、4は3のグループに比べて炎症を起こす細胞や歯を溶かす細胞の数が約半分にまで減少していた事が判明しています。

 

ネズミの血中の活性酸素濃度の比較においては、4は3のグループの約半分に抑えられていたという事も報告されています。

 

この事により、水素水は歯周病の進行を抑制していると結論付けています。

 

つまり、水素水の摂取によって歯周病は予防できるという事の証明となるのです。

 

ネズミの実験で分かった水素水による歯周病への効果が分かり、今後の予防や改善に役立つ事は間違いありません。

 

水素水を摂取して歯周病を予防し、改善する事で健康な歯を取り戻していく事が出来るようになります。