水素水が便秘の原因を解消してくれる

水素水は便秘の改善に効果があるのか?

 

水素水が便秘に対してどのように効果が得られるか?という事ですが、水素水は便秘の解消に役立ちます。

 

初めに便秘になる仕組みや原因を知る事で、水素水が腸内与える影響について理解して頂けます。

 

是非とも便秘の予防や解消のために水素水を取り入れる事をおすすめします。

 

以下に便秘と水素水の関係をまとめましたのでご参考ください!

 

便秘による悪影響

便秘によって体に起こる悪影響

 

便秘は大人でも子供でも関係なく起こりますが、特に女性は便秘が起きやすく体調にも影響を受けやすい傾向にあります。

 

女性の絶えない悩みと言えばニキビや肌荒れといった肌トラブルですが、実は便秘と関係しているのです。

 

また水素水を飲む事で肌トラブルの根本に対して改善効果が見られます。

 

全くの無関係と重い、肌ケア用品を使い続けても一向に改善されない事が有りませんでしたか?

 

こういった場合、便秘によって腸内に溜まった有害物質が血管を通じて肌に悪影響を与えているからなんです。この状態を改善しなければ肌の状態は回復しません。

 

便秘は腸内の老廃物が排泄できずに詰まっている状態です。そして溜まり続けた便は腐敗し始め、有害物質を発生させます。

 

この有害物質は腸内に住んでいる善玉菌を減らし、逆に悪玉菌を増やす作用があるので腸内環境は悪玉菌が支配する状態となってしまうのです。

 

さらに腸内には善玉でも悪玉でもない中立の日和見菌も多く存在しますが優勢な側についてしまう為、悪玉菌側に付いて余計に状態が悪化してしまいます。

 

腸内に溜まった有害物質は腸に吸収され、そのまま栄養素と勘違いして血液に流れていき、体中に有害物質が運ばれ毛穴を刺激してニキビや肌荒れが起こります。

 

便秘になるとこのサイクルが続いてしまい、いくら肌ケアを行っても改善の兆しが見えずに肌の状態も酷くなっていきます。

 

便秘を解消する事こそが肌の状態を綺麗に保つために欠かせない事なのです。

 

ですが水素水を摂取する事で悪玉菌を中立にするデトックス作用があり、腸内環境の正常化に役立ちます。

 

便秘になった際には水素水を飲みながら改善を行っていく事をおすすめします。

 

便秘の明確な定義は存在しない

便秘の定義って何が基準?

 

何を持って便秘とするのか?という明確な基準が実はいまだに存在していません。

 

現在でも一般論として医療関係者で言われているのが、「便の回数が週に2回以下で、排便時に痛みを生じる物」という見方が定着しています。

 

ただし、便は4日おきで出る場合は便秘とは言わず、規則的に排便できる状態であれば便秘という扱いはしません。

 

排便のペースには個人差が出やすいので、3日おきの人もいれば4日おきといったケースもあるからです。

 

便秘の状態が3ヵ月続く事を慢性便秘と呼んでおり、先ほど解説した肌状態の悪化が加速していきます。

 

水素水を飲み続ける事によって肌の悪化を止める効果を得られ、便秘も解消していくでしょう。

 

便が定期的に出るから大丈夫だと思うのですが、排便しても腸内に残った硬い便が少しずつ蓄積して膨らんで腹部を圧迫して腹痛を伴う事もあります。

 

子供の場合、お腹が常に張って不快感を感じ、機嫌が悪くなる事もあります。排便時には痛みを訴え肛門が切れて血が出る場合もあるのです。

 

大人でも便に血が混ざっている時は痔が悪化した可能性もありますが、場合によっては大腸がんや直腸潰瘍の可能性も考えられます。

 

何をもってして便秘と定義づけるのか?というのは、自分で満足できる排便がない状態を基準にすると良いでしょう。

 

便秘のパターン

便秘のパターンは2つに分類されます

 

便秘が起こるパターンとして大まかに2つのパターンに分ける事ができます。

 

まず1つ目は機能性便秘です。これは自分の体の機能によって起こる物です。

 

こちらは水素水を飲む事で改善を行う事が出来ます。

 

次に2つ目は器質性便秘です。こちらは他の疾患の影響によって起こります。

 

こちらは疾患によるものなので水素水による改善効果は期待出来ません。

 

ではそれぞれの違いを簡潔に説明いたします。

 

機能性便秘

機能性便秘は生活習慣の影響による腸の機能低下が原因です。

 

腸内で便が出来る過程および排便時の仕組みに何らかの異常がある時に起こります。

 

排便時は小さく硬い塊が出てきますが、肛門に痛みを感じるケースがあります。

 

便が出来る過程によっておきる症状なので、水素水の効果によって改善する事ができます。

 

機能性便秘に分類される物では弛緩性便秘・痙攣性便秘・直腸性便秘があります。

  • 弛緩性便秘→腸の運動機能が弱い事で起こる
  • 痙攣性便秘→腸の緊張によって起こる
  • 直腸性便秘→排便を我慢する事で起こる

 

器質性便秘

器質性便秘は腸の病変や腸周辺の疾患による機能低下によるもので、女性や高齢者によくみられる傾向です。

 

腸内で起こる炎症・腫瘍・閉塞といった先天的な異状によって起こります。

 

こちらは疾患の影響で起こってしまう便秘なので、残念ながら水素水の効果は期待できません。

 

便の特徴は細長い物や、厚みのない平べったい形で出る事が多く、さらに激しい痛みや吐き気を伴うケースもあります。

 

根本的な原因として他の疾患があるので、それらを改善しないと便秘が続きます。

 

便秘が起こる原因

便秘の原因となる仕組み

 

便秘の多くが水分不足によって腸内の便が硬くなってしまう事で起こっています。

 

便が腸内をスムーズに進むには柔らかさが必要ですが、水分が不足していると固くなって腸内で詰まりやすくなってしまいます。

 

飲食で胃の中に入った物は消化液が分泌され溶かされます。その後胃から大腸へ移る際に多くの水分が流れ込みますが、水分の殆どが腸で吸収され、残りが便となって適度な柔らかさで固形になっていきます。

 

ですが飲食事に水分の摂取が不足していると、胃から腸内に移動した物の殆どが腸壁に水分を吸収されてしまい、便に含まれる水分が不足します。

 

この繰り返しで硬くなって詰まった便が腸内で膨らんでいき、余計に便が出にくくなってしまいます。

 

水分を取る際に、水素水を摂取する事で腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を増やす事で正常化する効果が得られます。

 

先ほど解説した便秘の種類によっては、水分以外にもあります。

 

水分以外の原因として、排便を我慢し続ける事やストレスもあり、妊娠中の女性も便秘になりやすいです。

 

これらの改善には便秘薬の使用という方法もありますが、根本から便秘を解消するには生活習慣の改善が不可欠です。

 

簡単に出来る事から始めていくのが良いのですが、もし便意があったら排便を我慢しない事から始めていきましょう。

 

便秘の原因は水分不足やストレスといった事がるので、生活習慣の見直しから始めていくのが良いでしょう。

 

日常から水素水を取り入れていけば、腸内環境の正常化や水分不足の解消に役立てられます。

 

便秘になりやすい人の傾向

便秘になりやすい人には理由があります

 

便秘になりやすい人には5つの傾向があります。

  1. 食物繊維の摂取不足
  2. 水分不足
  3. 運動不足
  4. 妊娠中
  5. 精神的ストレス

1つ目の「食物繊維の摂取不足」ですが、これは便の元となる食物繊維が足りていない時に起こります。

 

線維が少ないと便の量も減ってしまい、排便回数が減る事によって腸内に溜まりやすくなってしまいます。

 

2つ目の「水分不足」ですが、これは便秘の原因で解説しているので、そちらをご覧になって下さい。

 

3つ目の「運動不足」ですが、運動をしていない状態だと腸の動きが鈍くなってしまいます。

 

運動不足によって腹部の筋力が低下し、腸が収縮して便を押し出す蠕動運動(ぜんどううんどう)の機能が低下してしまいます。

 

4つ目の「妊娠中」ですが、妊娠中は女性ホルモンのプロゲステロンが増加する事で体の栄養素を溜めこもうとする性質があります。

 

そのことによって代謝機能が低下し、胃や腸の筋肉を緩くして蠕動運動が鈍くなってしまいます。

 

さらに腸内に便が溜まり続けていき、便秘となってしまうのです。

 

5つ目の「精神的ストレス」ですが、日常の様々な強いストレスが続くことによって便秘となってしまいます。

 

ストレスと便秘は関係なさそうに見えますが、ストレスによって自律神経が乱れて副交感神経の働きが低下します。

 

副交感神経はリラックスした状態を作り出す役目がありますが、排便時も副交感神経の働きが強くなります。

 

しかしストレスで自律神経が乱れると、交感神経が優位に働き腸の働きを低下させてしまい、便が溜まってしまいます。

 

これらの5つの傾向に当てはまる人は便秘が起きやすいので注意してください。

 

便秘の解消法

便秘の解消にやるべき事

 

便秘を解消するためには生活習慣を見直す事が一番の改善策です。

 

必ず便秘が起きるには原因があり、その原因をつきとめて改善すれば便秘に悩まされる事もなくなるでしょう。

 

またこれらの改善に水素水を取り入れる事も効果的なのでおすすめです。

 

そこで以下の生活習慣の改善をおすすめします。

  • 過度なダイエットを行わない
  • 不規則な食生活を行わない
  • 適度な運動を続ける
  • 食物繊維を多めにとる
  • 水分を多めにとる

過度なダイエットや不規則な食生活は便秘になりやすい腸内環境を作ってしまいます。

 

そこで1日3食を毎日決まった時間に食べる習慣を意識してください。これによって腸で便がきちんと押し出されて便が出るようになります。

 

次に適度な運動を行う事で腸の蠕動運動を促進し、便がきちんと排出されるようになります。

 

とくに腸を覆っている腹筋への刺激を行う運動がおすすめです。毎日30分以上のウォーキングといった運動を行うようにしてください。

 

そして食物繊維を多めにとる事で便になりやすい状態が作れます。これで腸内で便が押し出されて排出されていきます。

 

最後に水分の摂取は多目にするようにしましょう。腸内で水分が吸収されても便に十分な水分が残っていれば硬くならずに済みます。

 

これで腸の中で便が詰まって腹痛を起こす事も無くなっていくはずです。水分を水素水にする事で腸にとっても機能を高める効果があるのでおすすめです。

 

これらの生活習慣を見直す事で便秘は解消できます。そして肌荒れやニキビの改善にも役立ちます。

 

きちんと排便を行い、すっきししたお腹と健康な肌を維持するためにも水素水を摂取しながら便秘にならない対策をしていきましょう。