水素水は目を守る効果もあります

水素水は目の病気からも守ってくれます

 

水素水は体にとって害となる活性酸素を取り除いてくれますが、目の病気に対しても有効です。

 

目の病気になると、徐々に視界が狭くなったり、映像がボヤけたりし始めて視力低下を引き起こします。

 

そんな時に水素水で得られる活性酸素の除去効果によって健康な目の維持と、目の病気の進行を抑制する事が可能となります。

 

今回は目の病気内容について紹介しつつ、水素水による効果について解説いたします。

 

 

活性酸素によって起こる目の病気

活性酸素が原因で起きる目の病気

 

目の病気は一度発症すると治りにくい症状が多く、最終的に手術をしなければならない病気もあります。

 

そうなる前に目の保護を行わねばなりません。症状の予防と進行の抑制をする事に役立つのが水素水です。

 

活性酸素が発生する事で目の中にある機能が低下していき、視力低下に繋がる病気が起こってきます。

 

この活性酸素が発生する原因は、外部から入ってくる紫外線やブルーライトによって作られてしまうのです。

 

目の中には保護するために張り巡らされている成分があるのですが、量が少なくなると紫外線やブルーライトの吸収ができなくなって活性酸素が発生します。

 

そしてレンズの役割を担う水晶体、フィルムの役割を担う網膜や黄斑部に付着して劣化させはじめます。この状態になると目の病気が起こりやすくなってしまいます。

 

特に活性酸素によって起こりやすい病気が「白内障」と「黄斑変性症」です。

 

症状についてはそれぞれ分かりやすくまとめたので、ご参考ください。

 

白内障

白内障は高齢者に起きやすい病気で、水晶体が白っぽく濁って光が通りにくくなってしまいます。

 

一度白内障になってしまうと治すための有効な薬は存在せず、早期発見で症状を抑制していくか手術を行うしか方法がありません。

 

特に40代を迎えてから起こるケースもあり、最悪の場合は失明という事も考えられます。

 

できるだけ白内障にならないように日常のケアを意識していく事が望ましいといえます。水素水の摂取も予防策の1つとして有効なので取り入れてみてください。

 

黄斑変性症

もう1つの黄斑変性症ですが、景色が歪んだり視界の中心に黒い影が見える症状が出ます。

 

両方の目で見ると分からない事もあるのですが、片方の目を閉じた状態で左右をそれぞれ見てみると発見できます。

 

視界が霞んできた時や、なんとなく黒っぽく見える時は黄斑変性症の可能性があります。

 

2種類のタイプに分かれ、萎縮型と滲出型とそれぞれ分類されますが、放っておくと失明に繋がってしまうので早期の治療で症状を抑えねばなりません。

 

治療に関する方法は薬を使うか手術をするかのどちらかになりますが、手術はレーザーを使用するので失敗するリスクもあります。

 

目を守るために必要な成分

目を守るために必要な有効成分

 

目を守るために水素水で活性酸素の除去は欠かせませんが、目にとって必要な有効成分を摂取する必要もあります。

 

基本的に目を守るための成分は体内で生成する事が出来ません。そこで食事によって体内に取り入れる必要があるのです。

 

目にとって必要な成分は以下の物があります。

  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • アスタキサンチン

ルテインは主に水晶体や黄斑部に存在するカロテノイドです。カロテノイドは植物性の色素の事です。

 

ルテインは外部から入ってくるブルーライトや紫外線といった目にとって害となる光を吸収し、目に対するダメージを予防します。

 

ゼアキサンチンはルテインが体内で作り変えられた物であり、黄斑部の中心に存在して白内障の予防効果を持っています。

 

また、ルテインとはほとんど構造が同じですが目の保護効果に対しては違った役目を担っています。

 

アスタキサンチンは魚類の赤みを持った鮭やイクラなどに含まれているカロテノイドです。

 

血管の中で他の成分が通れない部分でもアスタキサンチンは通過する事が出来て、目の奥にまできちんと届く事が出来る栄養素なのです。

 

眼精疲労といった目の疲れや病気だけではなく、体全体に効果のある成分です。

 

上記の3つの成分は目にとって欠かせない成分ですが、すべてに共通しているのは「抗酸化作用が高い」という事です。

 

水素水で目の中に発生した活性酸素を取り除きつつ、これらの成分を補給する事で目の病気や老化の予防がしっかり行えるようになります。

 

水素水で目の活性酸素を除去

水素水を飲んで目の活性酸素の除去を行う

 

目の中に発生した活性酸素の除去を行う事で目の病気を予防する事が可能となります。

 

水素水は飲むだけで細胞の中に入って活性酸素と結びついて排出してくれます。これは目の中でも同じ仕組みです。

 

目を守るために先ほど解説した抗酸化作用の高い有効成分を摂取しつつ、水素水を飲む事によって保護成分の補給と活性酸素の除去を同時に行えるようになります。

 

水素水は全身の活性酸素を除去するので、目だけではなく体中の至る所に効果をもたらしてくれます。

 

特に白内障と黄斑変性症に対して高い予防効果を持っているので、年配の方の目を守るための方法の1つとして水素水という選択肢があるのです。

 

また日常で目にとって有害なブルーライトや紫外線の予防も同時に行っていくと、さらなる予防効果も得られます。

 

視力低下が起こると日常生活で様々な障害が出たりするので、目を守るという事は楽しく過ごす事にも繋がっていきます。

 

目の病気予防と進行の抑制を行うためにも水素水の摂取を行い、目の健康維持をしていきましょう。