水素水はすい臓のβ細胞の機能不全の予防や改善をする手段として用いられている

水素水

美容や健康に関心のある人が注目している水が、水素分子を多く含んでいる水である水素水です。

 

人間が呼吸することや紫外線、ストレスによって活性酸素というものが発生します。

 

活性酸素は体に侵入してきた細菌やウイルスなどを排除して細胞を守る働きがあり、適量であれば問題のない物質です。しかし、生活習慣や紫外線、加齢などによって活性酸素が増えすぎてしまうと、自分の細胞を攻撃し始めます。

 

細胞が傷つけられると細胞や臓器などが酸化してしまい老化やガンなどの病気の原因になってしまうのです。

 

水素水はこの活性酸素を除去する抗酸化作用に優れていると考えられています。

 

水素が活性酸素と結合することによって水になり、効率的に体外に排出できます。

 

そのため、シワやシミの予防やガン予防、血液をサラサラにするため動脈硬化などを防ぐほか、細胞を潤すことで腸内も潤い便秘の改善に役立つと考えられています。
また、糖尿病の改善にも水素水は効果があるとされています。

 

糖尿病はホルモンの一種である、インスリンの分泌量が減ることによって引き起こされます。

 

インスリンは血液中の血統を体脂肪として取り込み血糖値を下げる働きがありますが、分泌量が不足してしまうと血糖値の調整が行われず血糖値が高い状態が続いてしまいます。

 

このインスリンはすい臓のβ細胞で作られて血液中に分泌されますが、このβ細胞は酸化ストレスつまり活性酸素に弱いという性質があります。

 

そのため活性酸素が増えてしまうと機能が低下してしまい、インスリンが不足してしまう可能性もあるのです。

 

水素は活性酸素に対して反応して無害な水に変える作用があります。

 

そのため近年ではすい臓のβ細胞の機能不全を予防や改善をする手段として水素を含んだ水が注目されるようになっています。

 

しかし、あくまで糖尿病の治療や予防には食事療法と運動療法が欠かせないものです。

 

水素によって活性酸素を除去できたとしても、血糖値を上げる食事やアルコールなどによってすい臓に負担をかけてしまえば水素水を取り入れた意味がなくなってしまいます。

 

そのため、まずはしっかり食事と運動で血糖値をコントロールしながら、水素水を取り入れることをお勧めします。