水素水で花粉症対策&改善

水素水に期待される効果の中に「花粉症に効く」というものがあります。

 

その根拠について考えていきたいと思います。

花粉症が起こる仕組み

水素水おすすめランキング

 

花粉症が起こる仕組みというのは、スギやヒノキなどの木々や植物が受粉をするために大量に放った花粉が口や鼻そして皮膚から侵入します。

 

そして花粉の中に含まれているアレルギー物質であるヒスタミンが入ると、そのヒスタミンに反応して脳が有害物質を攻撃するための抗体を出します。

 

本来であれば抗体が出されても花粉は無害であることが脳が分かっているので、その花粉を吸収して脳のもう一つの機能である判別機能が働けば無害と分かり鎮静化します。

 

しかし生後間もない時から抗体が出来上がる6歳までの間に花粉に触れない環境下で育ったリ、毎日の生活の中で不摂生を繰り返すと有害か無害かを判別する機能が働きにくくなります。

 

さらに花粉は何でも吸着する力があるので、空気中にある化学物質や雑菌も吸着します。

 

体に備わっている抗体が化学物質や雑菌を無害化するだけに使われるのであれば軽い炎症で終わりますが、そこに断続的に花粉が入り込むと脳が花粉も有害であると認知し攻撃してしまうのです。この抗体が体中の組織を攻撃してしまうので炎症を起こし、代表的な症例である鼻水や涙だけでなく皮膚の炎症やくしゃみと咳が止まらないのです。

花粉症に水素水が効果的な理由

花粉症の人間にとって断続的に鼻水や涙だけでなく皮膚の炎症やくしゃみと咳が止まらないのは死活問題なので、毎年必ずといっていいほど花粉症対策が話題に上ります。

 

その花粉症対策に水素水が効果的な理由は、先に言った炎症が関係しています。

 

炎症は抗体の活動によって一時的に患部の体温を上げることで雑菌を攻撃するための症状ですが、その抗体が活動する際に大量の酸素を消費するのです。その大量の酸素が使われると体の排出量を超えた量が体に残るので、その役目を終えた酸素に紫外線や体に発生する毒素が影響すると悪性の活性酸素になってしまいます。

 

悪性の活性酸素は細胞を傷つけてしまうので再生が遅れる原因になり、抗体の攻撃によって傷ついた細胞が悪性の活性酸素の影響で修復されにくくなるので症状が長引いてしまいます。

 

そこで水素水の登場です。

 

水素水は水素ガスを注入した水なので大量の気泡が水の中に溶け込んでいます。その水素ガスが活性酸素に吸着すると周りを包み込んで浮き上がらせることによって、水素水の水分が血流を促進することで排出されることで体の中から除去されます。

 

活性酸素が除去されれば体が本来持つ修復力が回復するので、花粉症の炎症が収まりやすくなります。

水素水を飲んで花粉症が緩和された人の体験談

これまでの治療法では花粉症を抑えられなかった人も、この水素水で花粉症対策となった人はたくさんいます。

 

その一例を述べると初めは花粉症が治るなんてことはないと半信半疑で花粉の飛ばない季節から水素水を飲み始めたのです。

 

そして水素水を飲み始めて半年が過ぎた段階で花粉の飛散量のピークが来た時に、これまでくしゃみや目のかゆみを発症してマスクが手放せないでいたのに症状が治ったわけではないのですがある程度マスクをつけなくても症状が緩和されたのです。

 

次に水素水を飲むことによる体験談で多いのが女性特有の状況に適していることです。

 

その一例としては花粉症で悩んでいるのですが、当時おなかの中に新しい命を宿しているので薬の副作用が気になり飲むことができなかったのです。そこで赤ちゃんにも影響せずに花粉症を抑える方法として友人に紹介されたのが水素水なのです。

 

最初はミネラルウォーターみたいな感じで効果があるのかわからなかったのですが、水素水はおなかにいる新しい命にも良い影響があるといわれたのでそのまま飲み続けたのです。

 

その結果これまで花粉症に悩んでいたのですが、水素水を飲んで2週間以上たつと花粉症特有の症状が緩和されて楽になったのです。