脳卒中の予防と改善に水素水はどう役立つ

水素水は脳卒中にどういった作用を与えるの?

 

かつて脳卒中は日本人の死因の1位を占めていた過去がある病気です。

 

ですが近年になって死亡率は減少傾向にあり3位まで落ちております。

 

現在の死因1位は癌で2位は心臓病となっています。

 

ただし3位とは言っても現在では救急医療制度が充実し、治療方法の進歩によって亡くなる患者が減っているだけで、患者全体の数は多い事に変わりはありません。

 

そして水素水を摂取する事で脳卒中の予防や改善は有効と考えられています。

 

脳の「卒中」の意味ですが、「悪い風に当たって倒れる」という意味で昔から使われており、脳内の血管が切れたり詰まったりする事により、ある日突然に意識不明や手足の麻痺などが出て倒れてしまうことを脳卒中と読んでいます。

 

一度脳卒中が発症すると寝たきりの生活となってしまい、他人の介助なしでは生活ができない状態なのです。

 

そして寝たきり状態にならないためには、脳卒中にならない事が前提となります。

 

現状では高齢者になるほど脳卒中の患者が増加傾向にあり、60代以降から急激に伸びています。

 

今回は脳卒中について理解し、水素水の摂取でどのように予防と改善ができるのか?を解説していきます。

 

脳卒中は脳内血管に影響が出る病気

脳卒中になると脳にダメージを受けてしまう

 

脳卒中は脳内の血管が血栓によって詰まったり、高血圧によって破れたりする事により、脳が傷害を受ける病気です。

 

発症すると脳がダメージを受けて、本来担っていた役割である身体機能や言語機能が失われたり、場合によっては死亡してしまうケースもあるのです。

 

また脳卒中は脳の血管が詰まる「脳梗塞」と、血管が破れる「脳出血」や「くも膜下出血」の2つに分かれます。

 

脳卒中をタイプ別に分けてみると、昔は脳出血の患者が多かったのですが、現在では脳梗塞で起きる患者数が増えている傾向にあります。

 

脳出血と脳梗塞は脳内で起こっている症状は違いますが、最終的に脳が広範にわたり壊れてしまうという意味では共通しています。

 

脳梗塞は血管が詰まる症状

 

脳梗塞は脳の血管が動脈硬化を起こす事でできた血栓(血の塊)、もしくは心臓でできた血栓によって脳血管が詰まって脳が壊死する状態です。

 

動脈硬化などによって脳に行く血管が詰まってしまったときに起こります。

 

脳は体の中で大量に酸素や栄養を消費している臓器なので、血液が滞ると機能低下が始まり脳細胞が壊死していきます。

 

また、脳梗塞は3つのタイプに分類されます。

【脳梗塞の3タイプ】

  1. ラグナ梗塞⇒脳の細い血管(0.9mm以下)の血管壁が高血圧によって厚くなったり、壊死を起こす事で血管の内腔が狭くなって血栓が詰まる事で起きる
  2. アテローム血栓性脳梗塞⇒脳の太い血管に血液中のコレステロールが溜まる事で血管の内腔が狭くなって血栓が形成されて起こる
  3. 心原性脳塞栓症⇒心房細動などの心臓疾患により、心臓内にできた血栓が血流によって脳に運ばれ、脳の血管を詰まらせていく症状。脳梗塞の中で一番重症であり、突然発症する

脳梗塞には上記以外にも、全く症状の現れない脳梗塞があり、これを「無症候性脳梗塞」と呼び、この状態になると将来的に脳卒中の発作が起きる可能性が高くなる

 

脳出血は血管が破裂する症状

脳出血は脳の小さな血管(約0.2mm以下)が、高血圧や加齢による血管の劣化によって破れて出血する状態です。

 

脳自体は豆腐のように柔らかいデリケートな臓器であり、血管から一気に出血すると周りの脳が崩れてしまいます。

 

くも膜下出血は脳の大きな血管にできた瘤(動脈瘤)や動静脈奇形が破裂し、脳の表面に出血が起きる状態です。

 

さらに、くも膜下出血患者全体では脳動脈瘤で90%で、動静脈奇形は10%の割合の発症率となっています。

 

1度壊れた脳細胞は2度と再生できない

脳細胞は非常にデリケートなもので、2度と再生する事ができません。

脳卒中になると大量の脳細胞が一気に破壊されてしまい、命の危険にまでさらされてしまいます。

 

1度脳細胞が壊れてしまうと、命の危険を脱したとしても大きな後遺症が残ります。

 

脳卒中による命の危険と後遺症から身を守る為には、予防する事しかありません。

 

また、脳卒中患者の多くは生活習慣病である高血圧や、コレステロールの数値が高い状態である事が分かっています。

 

そこで生活習慣を改める事により、ある程度は度脳卒中の予防が可能となるのです。

 

脳卒中で起こる危険な自覚症状

脳卒中の自覚症状は出血と梗塞でちがう

 

脳卒中が起こった際に感じる自覚症状は脳内出血と梗塞によって感じ方に違いがあります。

 

そして脳卒中には5大症状と呼ばれる自覚症状があります。

    【脳卒中の5大症状】

  1. 急に顔の半分、片方の手足がしびれたり、動かなくなる
  2. 突然意識がおかしくなり、言葉が出ない、周囲の人の話す事が理解できなくなる
  3. 急に片方もしくは両方の目が見えにくくなり視野が狭くなる
  4. 突然ふらついてしまい、力はあるがバランスが取れずに歩けなくなり、手足が上手く動かせなくなる
  5. 原因不明の鉄前起きる激しい頭痛

脳出血やくも膜下出血が起きた場合、突然意識を失って倒れる・片麻痺・激しい頭痛・嘔吐などが起こるので見て分かりやすい症状です。

 

脳内で出血が起きた際に感じる自覚症状は本人だけではなく、周囲にいる人が見ても分かるほど激しいものです。

 

ですが脳梗塞の場合、脳出血やくも膜下出血のようなハッキリとした症状が現れず、見落とされやすいので注意が必要です。

 

また痴呆や排尿障害および肩やひざの痛みも出るので、日常で起こる痛みと勘違いしやすいので注意してください。

 

脳卒中の症状3つのチェック項目

脳卒中の疑いを持った際に今すぐチェックすべき項目があります。

 

以下のチェック方法でセルフチェックできるので、家族に脳卒中の疑いがある場合は試してみてください。

    【脳卒中のセルフチェック方法】

  • ⇒「いー」と笑顔を作った時に歯が左右均等に見えない
  • ⇒「前へならえ」で両手を前に挙げた際に自然と片方の手が徐々に下がってしまう
  • 言葉⇒言葉がいいづらい、ろれつがまわらない

もし1つでも該当する場合、今すぐ病院へ行って検査を行ってください。

 

上記の症状を伴い気分がすぐれない様な時は、すぐに119番に電話し救急車を呼んで運んでもらってください。

 

今すぐ行う理由ですが、脳卒中は発症してからすぐに対処しなければならず、時間との戦いとなります。

 

対処が早ければ早いほど回復の確率が高くなり、遅ければ遅いほど後遺症の影響が出やすくなるからです。

 

また医師に伝える内容として「いつ(時間)、どこで(場所)、どんな状況だったか?」を正確に伝える事が重要です。

 

脳卒中が起きた時の後遺症

脳卒中になったら出る後遺症

 

脳卒中が起きた時や、治療が遅れた際に後遺症が出やすくなります。

 

実際に報告されている後遺症は以下の症状となります。

    【脳卒中の後遺症一覧】

  • 半身の運動麻痺
  • 複視(対象が二重に見える)
  • 同名半盲(視野が半分欠ける)
  • 手足の震え
  • 半側空間失認(一方の側が分からなくなる)
  • 失行(頭でわかっていても上手く動けない)
  • 感覚障害
  • 意識障害
  • 構音障害(ろれつがまわらない)
  • 失語(言葉が出ない)
  • 認知障害

これらの後遺症が出てしまうと、寝たきりの生活になる可能性が高まってしまいます。

 

また日常生活も本人1人では行う事ができず、必ず介助が必要な状態となってしまいます。

 

こういった後遺症の影響は本人だけではなく、家族にも負担がかかるので脳卒中にならないように予防する事が重要です。

 

脳卒中の治療方法

脳卒中を改善させるための治療方法

 

脳卒中が起きた場合の治療は4種類の方法があります。

【脳卒中の4種類の治療法】

  1. 血管内治療
  2. t-PA治療(血栓溶解両方)
  3. 投薬治療(抗凝固剤・抗血小板薬・脳血流改善薬)
  4. リハビリ

 

1つ目の血管内治療は、血管にカテーテルを挿入して血栓を直接抜き取る方法です。

 

t-PA治療の効果が見られない場合に行われる方法で、約1〜3ミリのカテーテルを脳血管に挿入します。

 

そこで血管の中に張り付いた血栓を吸引しながらカテーテルを抜き取る事で血管内の詰まりを解消します。

 

2つ目のt-PA治療(血栓溶解療法)は点滴に薬剤を混ぜて血栓を溶かす方法です。

 

脳血管内に血栓が詰まり時間が経過すると血管から酸素や栄養素が供給されなくなります。

 

そして徐々に脳細胞が壊死し始めていき、壊死した細胞は再生する事はありません。

 

そこでt-PAと呼ばれる成分を血管内に投与する事で血栓を溶かし、正常な血流に戻していく事となります。

 

ただし改善効果が見られない場合は血管内治療に切り替えます。

 

3つ目の投薬治療(抗凝固剤・抗血小板薬・脳血流改善薬)は、血液を固まりにくくする薬や脳の血流を良くする薬を使う方法です。

 

脳梗塞の状態によって使用する薬を合わせていき、急性期・慢性期によって使用する薬の内容も違います。

 

基本的に血流改善・血栓の溶解・脳の保護といった目的で使い分けていきます。

 

4つ目のリハビリは麻痺の改善を行い、日常生活を送れるようにトレーニングを行う方法です。

 

理学療法・作業療法・言語聴覚療法があり、病院のリハビリセンターに通って毎回トレーニングを行う流れです。

 

リハビリを続ける事で1人で立ち上がれるようになる、手を使った作業が出来るようになる、言葉が出やすくなったという効果が得られます。

 

ただし、短期間で成果が出る物ではなく、最低でも半年を目安に行う事で徐々に改善していきます。

 

脳卒中の予防で意識すべき事

脳卒中を予防するための方法

 

脳卒中を予防するには日常生活の習慣を見直す事が必須です。

 

それは脳卒中の原因となる危険因子(習慣)を、日常生活から避ける事が予防に繋がるからです。

 

もしも以下の生活習慣があるなら脳卒中が起きる可能性は高まってしまいます。

    【脳卒中が起きやすい生活習慣】

  • たばこ⇒血圧の上昇
  • 飲酒⇒少量なら脳卒中のリスクを下げるが、飲み過ぎるとリスクが高まる
  • 肥満⇒動脈硬化のリスクが高まる
  • 脱水⇒汗をかいて血液が濃くなって血管が詰まりやすくなる
  • 運動不足⇒血流低下および摂取エネルギーを消費しきれなくなる
  • 急激な温度変化⇒血圧変動で血管に負担がかかる
  • 塩分・糖分の過剰摂取⇒高血圧になりやすい
  • 糖尿病⇒合併症として脳梗塞が起きる
  • 脂質異常⇒血液中の脂質が増えて血管が詰まりやすくなる
  • 高血圧⇒血管の圧力が高まってが破れやすくなる
  • 心房細動⇒心臓に負担がかかり血栓ができやすくなる

生活習慣の注意事項はこれだけありますが、実は対策はシンプルです。

 

上記をまとめて言えば、規則正しい生活習慣・食事のバランス・適度な運動の3つを意識すればよいのです。

 

まず1つめの規則正しい生活習慣とは「日中活動と夜間は睡眠」・「1日3食」「禁煙・節酒」です。

 

日中の活動と夜間の睡眠は体の生活リズムを作り出す自律神経を整えます。

 

自律神経は交感神経と副交感神経が昼と夜を交代で担当しており、生活リズムが夜型になると自律神経が狂って様々な体調不良が起こり始めます。

 

2つ目の「1日3食」ですが、これは塩分や糖分を過剰摂取しないように気を付けてください。

 

血液は食事によって作られていき、常に新鮮な血液を作りだして体内を循環させる必要があります。

 

朝昼晩と3食を取る事で体内が血液の製造を繰り返して血液の状態をよくします。

 

3つ目の「禁煙・節酒」ですが、これは体にとって必要な事です。

 

喫煙は血管に負担を与える血圧上昇・血管収縮・心拍数の増加を起こします。

 

負担が続いた血管は動脈硬化などによって柔軟性が失われ、破裂しやすくなります。

 

飲酒についても適量なら良いのですが、過剰に飲んでしまうと血圧を高めてしまいます。

 

そこで飲酒は適度な量(1日3合以内)に変更する事で脳卒中のリスクを抑えられます。

 

3つの生活習慣を見直す事により、自律神経を整えてバランスを保つ・免疫系の正常な働きを維持・ホルモンの正常分泌を助けるという効果が得られます。

 

脳卒中の予防は毎日の積み重ねなので、もし生活の乱れに該当する項目があれば今から改善していきましょう。

 

脳卒中の予防に水素水が良い理由

水素水がなぜ脳卒中の予防に良いのか?

 

水素が脳卒中の予防と改善に有効だと実験で証明されています。

 

ネズミを使用した実験において、多くの脳卒中モデル(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血・脳虚血)に対して水素の投与が行われています。

 

何も投与しないネズミと水素を投与したネズミでは、水素を投与したネズミの脳卒中に改善が見られました。

 

また別の臨床試験では人間に水素を投与しています。

 

急性脳梗塞の患者に対し脳梗塞治療薬(フリーラジカル除去剤)であるエダラボンに水素分子を混ぜて点滴を行いました。

 

この結果、エダラボンの単独投与と水素を混ぜた場合の比較により、単独投与よりも水素を混ぜた方が効果が高いと報告されています。

 

水素分子は多くの病気を起こすフリーラジカルと呼ばれる活性酸素だけに結びついて除去する効果があります。

 

脳卒中にもフリーラジカルは関係しており、脳内の酸化ストレスを減らす事で抗酸化バランスを保つことができるようになります。

 

もし脳内で酸化と抗酸化のバランスが崩れて酸化が優位になってしまうと、脳卒中が起こるリスクが高まるのです。

 

日常で意識すべき予防方法に加え、水素水で水素分子を摂取する事で脳内の抗酸化力を高めてフリーラジカルの影響を受けにくくする事ができます。

 

水素水は飲むだけで水素分子を摂取でき、副作用は一切起こらないので安心して脳卒中の予防も行えます。

 

脳卒中の予防と改善に水素水を飲み続ける事で体の中のフリーラジカルを除去し、様々な病気の予防も行えます。

 

そして歳を重ねても健康に過ごせる毎日を手に入れてください!

 

以下におススメの水素水をご紹介させていただきますので、ご参考ください。

 

>>水素水ランキングTOPに戻る